XAMPPインストール Windows10

始めに

以前MacでMAMPをいれたことはあるのですが、今回はWindows10に切り替えたので、
XAMPPを改めてインストールしました。インストール方法をメモしておきます。

xampp-logo

参考

目次

  1. XAMPPのインストール
  2. XAMPPの初期設定-データベースphpAdmin-
  3. Apacheの初期設定-サーバー-
  4. xamppの基本的な使い方

XAMPPのインストール

  1. XAMPPのダウンロードページへアクセス

xampp01.png

  1. 「Windows 向け XAMPP」をクリック
    ※190924時点 のバージョン

xampp02.png

  1. XAMPPの64 bit用のインストーラーがダウンロードされます。
    ※190924時点 xampp-windows-x64-7.3.9-0-VC15-installer.exe

4 Windowsからデバイス変更の許可をきかれるので「はい」をクリック

  1. Warning が出るので「OK」をクリック

xampp03.png

  1. Next をクリック

xampp04.png

  1. Next をクリック
    ※不要なものがある場合はチェックを外してください。

xampp05.png

  1. Next をクリック
    ※特に理由がない場合は変えないほうが良いそうです。

xampp06.png

  1. XAMPP向けBitnamiの詳細(説明)を見なくていい場合はチェックを外し、Next をクリック。

xampp07.png

  1. Next をクリック

xampp08.png

  1. インストールが始まるので、終わるまで待ちます。

xampp09.png

  1. ファイアウォールの許可をするために、「アクセスを許可する」をクリック

xampp10.png

  1. 「Do you want to start the Control Panel now ?」をチェックしたまま Finish をクリック。

xampp11.png

  1. 好きな言語を選び Save をクリック

xampp12.png

  1. コントロールパネルが起動し、インストール完了。

xampp13.png

以上でXAMPPのインストールは完了です。
まだ Start を押して起動はしないでください。
次はセキュリティや初期設定を確認します。

XAMPPの初期設定-データベースphpAdmin-

インストール直後は、MariaDBやデーターベースを管理する PhpMyAdmin がネットワーク経由で外部からアクセス可能な状態です。
最低限の設定を行います。

  1. XAMPPのコントロールパネルを起動し Start をクリック

xampp14.png

  1. 以下のように緑色でPort(s)の部分に番号が表示されていれば無事に起動しています。

xampp15.png

  1. Admin をクリックし Apache と MySQL(phpMyAdmin) の正常を確認します。
    以下の画面が表示されれば正常です。

Apache確認画面

MySQL(phpMyAdmin)確認画面


※注意
セキュリティの設定をせずに終了する場合の注意点は、必ずサービスの「Stop」ボタンを押してサービスの停止をして下さい。
「stop」せずにソフトを「×」などで落としてもPCの電源が入っていて、LANにつながっていればサービスが起動したままになるため、
セキュリティ設定をしないまま、置いておくのはとても危険です。

  1. Shell をクリックし、コマンドプロンプト(よく見る黒い画面です)を起動し、管理者用IDのパスワードを設定します。

xampp19.png

  1. #の横に「cd mysql\bin」と入力しEnter
    ※「mysql\bin」はMySQLのコマンドが入っているフォルダです

  2. #の横に「mysql -u root」と入力しEnter、MariaDB(MySQL)にログインします。
    ※ root はユーザ名です。
    ※ Welcome to the MariaDB monitor~と表示されたら成功です。

  3. MariaDB [(none)]> の横に set password=password(‘任意のpassword’); を入力しEnter
    ※root ユーザーのパスワードを設定します。忘れないようにしてください。
    ※Query OK~の表示で成功です。

  4. 「quit」を入力しMariaDBからログアウトし、「exit」でshellを閉じます。

  5. 次に phpMyAdminの設定 を書き換えます。
    ※今はDBの設定だけが変わってるので、phpMyAdminも設定が必要です。
    ※ログインできず以下の画面が表示されているはずです。

xampp20.png

  1. XAMPPのコントロールパネルで「STOP」を押し終了し、「Quit」を押し閉じます。

xampp21.png

  1. 設定ファイル「config.inc.php」を変更し、ログインの認証の設定を変更します。
    「XAMPP」を「C:\xampp」にインストールしている場合、設定ファイルは C:\xampp\phpMyAdmin\ 配下にあるはずです。
    「config.inc.php」をダブルクリックで開いてください。
    ※テキストエディタやメモ帳で開きます。
    ※念のため複製してバックアップはしておいてください。ファイル名は任意で大丈夫です。

  2. /* Authentication type and info */ を探してください。
    ※Ctrl+Fなどで検索すると簡単です。

  3. 以下のように変更します。


$cfg[‘Servers’][$i][‘auth_type’] = ‘config’;

$cfg[‘Servers’][$i][‘auth_type’] = ‘cookie’;


  1. 以下のように変更します。

$cfg[‘Servers’][$i][‘user’] = ‘root’;

$cfg[‘Servers’][$i][‘user’] = ‘’;


※ 13 14 の設定によりファイルに記載するセキュリティリスクが軽減されます。
※ ログイン時の情報をもとに認証されるようになります。

  1. XAMPPのコントロールパネルを起動してください。
    ※「start」を押して起動

  2. MySQLの「Admin」を押し、phpMyAdminを開き以下でログインをします。
    ユーザ名:「root」
    パスワード:「先ほど 7. で決めたパスワード」

  3. ログインが成功したら完了です。
    ※ログインできない場合は、ブラウザキャッシュクリアやCtrl+F5でページ更新などを行ってみてください。

Apacheの初期設定-サーバー-

ApacheとはWebサーバソフトウェアの一つです。
他にも nginx(エンジンエックス) などのWebサーバソフトウェアもあります。

nginxはApacheよりも 多数の処理 をこなすのが得意ですが、重いに関してはApacheのほうが得意。
などの特徴があるそうです。

XAMPPには Apache が一緒にインストールされています。

  1. C:\xampp\apache\conf にアクセスし httpd.conf を開きます。
    ※C直下にインストールしている場合
    ※ダブルクリックで開いてください。
    ※テキストエディタやメモ帳で開きます。
    ※念のため複製してバックアップはしておいてください。ファイル名は任意で大丈夫です。

  2. 「ServerAdmin」で検索し、サーバー管理者のメールアドレスを任意のアドレスに設定します。
    ※エラー時などに通知が届きます。

xamppの基本的な使い方

  1. XAMPPのコントロールパネルを起動し Start をクリック

xampp14.png

  1. 利用するフォルダやURLは次の通りです。

以上でxamppの導入、初期設定、動作確認が完了です。

最後に

お疲れさまでした!😄環境構築って大変ですよね(;^ω^)

情報について過不足ありましたら教えてください。
まだまだ未熟者なので、お手柔らかにお願いいたします。

チャンネル登録やフォローお待ちしております😄
最後まで見ていただきありがとうございました。

LINK:quokkaChannel/クワッカチャンネル

チャンネル登録(Subscribe)、フォロー(Follow me)お待ちしております!

  • Youtube:ゲーム実況や今後はプログラムやWEB系、動画編集の動画もあげれたらいいなーとか思っています
  • Twitter:気ままにつぶやいています。主に告知はここです。