ローカル(PC)でファイルを作成して、GitHubのリモートリポジトリに初回Pushするまで


始めに

普段やらないことはすぐ忘れる!一回したことはずっと忘れない頭になりたい( ゚Д゚)
ってことで、毎回調べるのめんどくさいのでメモ残しておきます。

というか、本当WEB系でいろいろやる場合は細々して大変です…。
プログラマーとかWEB系の人たちは本当すごいですね(;´Д`)

github

参考

目次

  1. GitHubにリポジトリを作成
  2. ローカル(PC)からリモート(GitHub)にアップロードする

GitHubにリポジトリを作成

  1. GitHubにログイン

  2. [New]ボタンをクリック


Newボタン
  1. 「Repository name」にリポジトリの名前を入力
    ※「Description」は必要であればリポジトリの説明を入力

  2. [Create repository]をクリック


Create repositoryボタン
  1. リポジトリ完成

※[Initialize this repository with a README]にチェックを入れない場合
以下のリポジトリ作成方法が表示されます。この後の手順は
「…or create a new repository on the command line」にそって行いました。

※[Initialize this repository with a README]にチェックを入れた場合
以下のリポジトリ作成方法は表示されません。README.mdが作成されリポジトリが表示されます。

GitHubで表示されるリポジトリ作成方法


…or create a new repository on the command line
(または、コマンドラインで新しいリポジトリを作成します)
echo “# hi-weather” >> README.md
git init
git add README.md
git commit -m “first commit”
git remote add origin https://github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git
git push -u origin master


…or push an existing repository from the command line
(または、コマンドラインから既存のリポジトリをプッシュします)
git remote add origin https://github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git
git push -u origin master


…or import code from another repository
(または別のリポジトリからコードをインポートする)
You can initialize this repository with code from a Subversion, Mercurial, or TFS project.


  1. [Clone or download]をクリックしURLをコピーしておきます。
    https://github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git

Clone or downloadボタン

ローカル(PC)からリモート(GitHub)にアップロードする

ここからはローカル(PC)側の作業です。
各コマンドを実行していきます。

  1. PCのコマンドプロンプトを起動

  2. $ cd フォルダパス
    を実行しアップしたいフォルダに移動

  3. $ echo “# タイトル” >> README.md
    を実行しREADME.mdを作成

  4. $ git init
    を実行

  5. $ git add .
    を実行し全ファイルをアップロード対象(インデックスに反映)にします。

  6. $ git commit -m “first commit”
    を実行しインデックスに登録された内容を決定(コミット)します。
    ※ -m は更新コメント追加
    ※ -a はインデックスに含まれるファイルを全てを自動でコミットに含めます。
    ※ -am “コメント” で同時に行えます。

  7. $ git remote add origin https://github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git
    を実行し、ローカル(PC)とリモート(GitHub)を紐づけます。
    ※ git remote -v で紐づいたリモートを確認できます。

  8. $ git push -u origin master
    を実行でローカル(PC)からリモート(GitHub)へアップします。

※ -u 推奨されてるオプションで上流ブランチに設定されるそうです。
メリットは「git push、git pull のときにレポジトリ、ブランチの引数を省略できる」

※ -f はpushに失敗する場合によく出てくるオプションです。
ローカルとリモートの状態のつじつまが合わない場合はエラーになるのですが、それを無視して強制的にPushさせます。

以上で、ローカルでファイルを作成して、GitHubのリポジトリへの初回アップの完了です。

最後に

情報について過不足ありましたら教えてください。
まだまだ未熟者なので、お手柔らかにお願いいたします。

チャンネル登録やフォローお待ちしております😄
最後まで見ていただきありがとうございました。

LINK:quokkaChannel/クワッカチャンネル

チャンネル登録(Subscribe)、フォロー(Follow me)お待ちしております!

  • Youtube:ゲーム実況や今後はプログラムやWEB系、動画編集の動画もあげれたらいいなーとか思っています
  • Twitter:気ままにつぶやいています。主に告知はここです。