OBSの設定と機能概要


始めに

今回はOBS(Open Broadcaster Software)で自分の環境で行った設定方法や使い方のメモです📝

↓設定目標

  • 1080p 60fpsでLIVE配信できる
  • 1080p 60fpsで収録ができる
  • 録画データを映像と音で分けて保存する
  • BGMと声のバランス調整
  • 音割れしない

↓ちなみに自分のLIVE配信環境です。

  • Windows10
  • HD60 (Elgatoのキャプチャーボード)
  • OBS(配信アプリ)
  • PS4

↓PCのスペック
【 CPU 】 インテル(R) Core(TM) i7-8700 プロセッサー (3.20GHz/6コア/12スレッド/12MB)
【 メモリ 】 16GB(8GB×2) PC4-21300(DDR4-2666) DDR4 SDRAM
【 M.2 SSD / NVMe SSD 】 【M.2 NVMe SSD】512GB インテル製 660P シリーズ
【 グラフィック 】 NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1660 6GB【DVI-D x1 / HDMI2.0 x1 / DisplayPort1.4 x1】
【 電源ユニット 】 【Enhance製】600W ATX電源 80PLUS BRONZE (日本製コンデンサ仕様)
【 マザーボード 】 【ASUS製】インテル(R) H370 チップセット搭載マザーボード

2019/08/03 に FRONTIER さんで 124,848円(送料・税込)で購入しました。
お得だったのかな?気になる👻

↓回線速度(アップロード)
回線速度を測定するサイトをいくつか利用して速度判定をしています。
※あとで画質設定で参照します。
※SB光の有線です

  • Googleの「インターネット速度テスト」
    120~141Mbps

  • FAST
    250~310Mbps

  • SPEEDTEST
    250~324Mbps

結構バラバラなので自分は最低ラインを意識して 140Mbps を自分の環境の回線速度(アップロード)と決めて設定の基準にしました。
ちなみに Mbps を Kbps に変換する場合は000をつけた数字になります。

そいじゃさっそく設定確認だ( ゚Д゚)

OBS LOGO

参考

とてもわかりやすく見やすいサイト様でとても助かりました😄
ありがとうございます!

目次

  1. OBS機能概要
  2. OBS設定
    ※【録画】で映像と音を分離して、ファイル保存をするための設定についても触れています
  3. 音声ミキサーからのマイク音声の調整
  4. YouTubeでのLIVE配信方法(OBS)

OBS機能概要

主に使いそうな機能概要をまとめてます。(個人的に😃)
使って慣れてきたら追加更新するかもです(‘◇’)ゞ

  1. 「シーン」について

配信中に画面を切り替えれる機能。
ゲーム配信 ⇒ 休憩中の画像表示 ⇒ ゲーム配信 のようにあらかじめ用意しておいた映像セットをクリックで切り替えれる。

シーン

  1. 「ソース」について

配信・収録したい映像を設定し決める機能。
ここで何をキャプチャするか決めて設定します。

ソース

「+」をクリックした後に出てくるキャプチャ項目について



キャプチャ種別

  • ウィンドウキャプチャ:PC画面上のブラウザやフォルダなどをウィンドウ単位で選択しキャプチャできます。
    ※Chromeブラウザをキャプチャしたい場合はchromeの「設定」から「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」を無効にする必要があります。

  • テキスト:テキストを入力し画面に表示できます。

  • メディアソース:PCから動画や音声を取り込めます。

  • 映像キャプチャデバイス:HD60 (Elgatoのキャプチャーボード)などの機器からゲーム映像を取り込めます。
    PS4配信なのでメインはこれかな。
    ※ゲームキャプチャはPCゲーム用

  • 画像:PCから画像を取り込めます。

  • 音声入力キャプチャ:OBSの設定で自身の声をマイクから取り込めますが、その設定をOFFにしてここから取り込むこともできます。

  1. 「音声ミキサー」について:音声の状況や設定の確認ができます。
    真っ赤になると音が割れたりします。(赤が振り切れたらなります)

    下の青いフェーダーは基本右にしておき、視聴さんから音が大きいと言われたら左にずらして小さくします。
    またギアアイコンの設定から細かい調整が可能なので時々赤くらいに調整していくのがいいと思います。

音声ミキサー

  • デスクトップ音声:PCから出る音でデフォルトであります。
    PS4から配信するので個人的には常にミュートしています。
    例えばデスクトップ音声が出る状態でPCで音楽など聴くと視聴者側にも聞こえます。

デスクトップ音声のほかにソースに追加した項目、マイク入力を設定した場合にそれぞれ項目が増えていきます。

  1. シーントランジション:シーン切り替え時のエフェクトを設定できます。

  2. コントロール:配信開始などの操作パネル
    「設定」、「配信開始」などの操作を行います。
    「スタジオモード」は配信中の映像に対して何かしたいときに、確定までは反映しないようにする機能みたいです。

OBS設定

個人的に行った設定です。
また後日調整する可能性はありますが、やりたい設定はできたので参考になればこれ幸いです(*‘ω’*)

まず、右下のコントロールの「設定」をクリックし設定画面を開いてください。

設定ボタン

  1. 一般での設定
  • 【出力】
    「配信時に自動的に録画」をチェックしました。
    配信と同時にバックアップもかねて録画してくれます。

一般

  1. 配信での設定
    YouTubeで配信するので以下で設定しました。
  • 【ストリームキー】
    YouTubeのライブ管理画面「ストリーム名/キー」をコピーして貼り付けます。
    OBSにこの部屋で配信するよ!と教えてあげる感じですね👾

配信

↓ちなみにYouTubeで「ストリーム名/キー」をコピペできる画面

YouTubeライブ管理画面

※目のアイコンで表示
※コピーをクリックでコピペ
※ライブ管理画面を作成するたびに変わるので、配信するたびOBSにもセットが必要です。
(何かいい方法はないのかな🤔Elgatoの場合勝手に部屋を見つけてくれてたけど🤔)

  1. 出力での設定
    出力モードで「詳細」を選択して設定しています。
    自分のPCのスペック、回線速度を考慮してちゃんと動くかな。というラインで設定しています。
    調子悪ければまた調整が必要な箇所になります。
  • 【配信】
    LIVE配信の画質の設定を行います。
    赤枠の部分を変更しました。

ビットレートを上げると画質が向上するので、回線のアップロード速度のKbpsとYouTubeで許容しているKbpsを参考に数値を決めます。
あっていない場合は配信がスムーズに行かないなどの障害が発生します。

例)ビットレートの決め方(自分の環境)
回線のアップロード速度:140000kbps(140Mbps)
YouTubeで許容しているKbps:4500kbps~9000kbps

回線のアップロード速度が9000kbpsより大きいので今回はYouTubeで許容しているKbpsの最大値9000kbpsを採用しました。

なお「CPUのプリセット」は上に行くほどCPUの負荷が低く、低画質なので初期値から一個あげたfasterにしました。
画質を極めれる環境ではないので、ここは控え目を選択。

配信

↓ちなみにYouTubeでの解像度1920*1080 60fpsのビットレート範囲

YouTubeでの解像度1920*1080 60fpsのビットレート範囲

参考:【YouTube】ライブ エンコーダの設定、ビットレート、解像度を選択する

  • 【録画】
    録画の画質の設定を行います。
    赤枠の部分を変更しました。

録画

  • 録画ファイルパス:ファイルの保存先
  • 録画フォーマット:mkvを選択

    ※20/01/12 「録画フォーマット」の設定値を mp4 → mkv に訂正しました。
    もともと変換がしたくなかったのでmp4にしてたのですが、プレミアプロでスムーズに再生ができず、ものすごくパフォーマンスがわるかったので、mkvにしました。

ただし、mkvのままではプレミアで開けないので、OBSの以下の手順で結局はmp4に変換が必要です。
この変換を経由したmp4でないとうまく再生できませんでした。

ファイル >> 録画の再多重化> 対象ファイルと変換後の保存先を選択
※多重化はいわゆるエンコードのことらしいです。

※正直mp4で対応しておいて欲しかったですね(;・∀・)

  • 音声トラック:音声と映像を分離して保存するためのチェック。
    個人的に「配信用の全部の音・デスクトップ・マイク・ゲーム音」と4つにわけたいので、1~4の4個にチェックしてます。
    ※分離保存の設定自体はここにチェックするだけでは完了してないので注意。
    最終的な設定は音声ミキサーからのマイク音声の調整の「5.」で改めて設定します。

ここはあくまで音声トラックを何個使用しますか。という感じの設定になります。

  • エンコーダ:通常はPCのCPUを利用する x264 を選択しますが、配信がカクついたので多少画質は落ちるそうですが、グラボで処理する設定にしました。
  • ビットレート:数値が上がれば上がるほど高画質+ファイル容量があがります。
    5000だと荒く見えたのでなんとなく6000にしています。
  1. 音声での設定
    マイクから音声を入力するための設定を行います。
    赤枠の部分を変更しました。

YAMAHAのAG03で設定しています。

音声

  1. 映像での設定
    映像の解像度の設定を行います。
    赤枠の部分を変更しました。

映像

音声ミキサーからのマイク音声の調整

OBSそのものの設定が完了したら、次はマイクの調整を行います。

  1. マイクの右の「ギア」アイコンをクリック

設定

  1. 「フィルタ」をクリック

フィルタ

  1. 「+」をクリックしノイズ抑制~コンプレッサーまでを追加します。

フィルタ画面

+:フィルタを追加
-:フィルタを削除
∧:フィルタを並び替え
∨:フィルタを並び替え

  1. 各フィルターについて
  • ノイズ抑制:ノイズ除去機能です。初期値から触っていません。かけすぎると音声が変な感じになります。
  • ゲイン:音圧です。マイクの音量があがりますが、ノイズもあがります。実際に聞いてみて調整を行ってみてください。
  • ノイズゲート:ノイズを通す量です。期値から触っていません。かけすぎると音声が変な感じになります。
  • コンプレッサー:音の天井をつぶして小さい音とのバランスを保ちます。
    また全体を大きくしたりします。かけすぎると音声が変な感じになります。

全体の調整としては各音にそれぞれのゲインを設定しました。
・マイク:ゲイン+25.00db
・ゲーム音:ゲイン-6.00db

  1. 録画ファイルの映像、音声の分離保存について

OBS設定の「録画>>音声トラック」で1~4にチェックをいれて録画ファイルを映像と音声で分離する準備をしました。
その時点では分離保存設定は完了していなかったのですが、ここでの設定で完了することができます。

  • まず「ギア」アイコンをクリック>>「オーディオの詳細プロパティ」をクリック
  • 次にトラックのチェックボックスを以下のようにします。

オーディオの詳細プロパティ画面

  • こうすることで結果的に音声トラックが以下のように振り分けられ分離保存されます。
    1:配信用の全部の音
    2:ゲーム音
    3:マイク音声
    4:PCから出る音

※注意
このファイルをそのまま再生すると「1:配信用の全部の音」しか再生されません。
マルチトラックオーディオに対応した動画編集ソフト(Premire Proなど)で開いた場合に音声ファイルがそれぞれ表示され再生できます。

Premire Proで開いた場合音声トラックが4つあります。

YouTubeでのLIVE配信方法(OBS)

YouTubeでのLIVE配信方法ですが、気が向いたら別記事にします(;・∀・)
時間かかりすぎたので許してください笑

簡単に言えば以下の感じです。
参考元のサイトさんがとても見やすいのでぜひ参考にしてください。

  1. シーン、ソースを用意して配信する映像を準備する
  2. YouTubeでライブ配信管理画面を作成し、ストリームキーをコピーする
  3. OBSの 「設定>>配信」 を開く ストリームキーを貼り付けて 「適用>>OK」 をクリック
  4. 「配信開始」をクリック
  5. YouTubeのライブ配信管理画面で右上の「ライブ配信を開始」をクリック

以上です( ゚Д゚)

最後に

設定しながらブログにするのめっちゃ大変だった!!!
別のBLOGも公開しながらだったけど、2日かかってる( ゚Д゚)

ライブ配信の画質自体はElgato Game Capture のほうがきれいな気がするので、今後もう少しなんとかしたいかも( ゚Д゚)

しかしOBSはいろいろ映像に装飾できるので楽しすぎる(*’▽’)
本当に無料とか最高にありがたいソフト(;・∀・)

ちなみに配信停止は切りたい時からしばらくまってきると(30秒くらい?)、最後がとぎれない感じです。
環境によって違うかもですが、配信終了後は少し待って「配信終了」をおしたらいいかもです”(-“”-)”

情報について過不足ありましたら教えてください。
まだまだ未熟者なので、お手柔らかにお願いいたします。

チャンネル登録やフォローお待ちしております😄
最後まで見ていただきありがとうございました。

LINK:quokkaChannel/クワッカチャンネル

チャンネル登録(Subscribe)、フォロー(Follow me)お待ちしております!

  • Youtube:ゲーム実況や今後はプログラムやWEB系、動画編集の動画もあげれたらいいなーとか思っています
  • Twitter:気ままにつぶやいています。主に告知はここです。